Level Check

Corsi regolari

会話レギュラーコース

 

*初回に入学金10,500円(中・高生は5,250円)が必要です。

コースの特長

1クラス2-6名の少人数制。

基本的には週1回のレッスン。ただし週2回・週3回の設定も可能。

入門から最上級まで全レベルイタリア人講師による指導。
希望者には日本人講師による文法のフォローアップあり(有料)。

レベル12終了後のPost-avanzatoコースでは、会話・時事イタリア語・ディスカッション・読解・作文・文化に対応できるよう、さらなるレベルアップを目指す。

1期(前期・後期)につき4回、欠席による振替制度あり。

6期目からはコース料金5%割引。 また、1期(前期・後期)20レッスン分をまとめてのお支払いで割引特典あり。

レベル1
コースプログラム 前期:90分×10レッスン後期:90分×10レッスン
受講料 前期:39,375円後期:39,375円
教材費 5,250円:L'Italiano Così+2CD
レベル2〜Post-avanzato
コースプログラム 前期:90分×10レッスン後期:90分×10レッスン
受講料 前期:39,900円後期:39,900円
教材費 レベル2〜4:約5,000円Linea Diretta 1a+1CD
レベル5〜8:約5,000円Linea Diretta 1b+1CD
レベル9〜12:約7,000円Espresso 3+1CD
Post-avanzato:実費テキストまたはプリント教材
受講生のコメント

世界遺産が最も多い美食の国イタリアに憧れ、とりあえず手始めにラジオのイタリア語講座を聴き始めました。比較的日本語に近い発音、読みやすいスペリング、これならば私の年齢でも習得できるかもしれないと思い、いつか旅する日を夢見つつ暫く独学を続けていました。すると次第に物足りなさを感じるようになり、日伊学院の門を叩いたのが今から2年余り前のことです。

イタリア人の先生から直接生きたイタリア語を学ぶレッスンはとても楽しく、大変満足しています。英語より複雑なイタリア語の文法を、もちろん先生はイタリア語で解説して下さるわけですが、それを不安に感じたことは全くありません。クラス全員が理解できるまで丁寧に指導して下さるからです。間違えることが恥ずかしいという気持ちはなかなか拭えませんが、むしろ間違えた箇所ほど後に正確に理解できていることに気づき、徐々に自信に結びついてきた気がします。充実したレッスンのお陰で、早くも半年後には初めてイタリアへ、しかも独りで旅行するまでになりました。帰国の際、アイスランドの噴火により飛行機がキャンセルされるアクシデントに見舞われましたが、空港の窓口ではイタリア語で交渉し、何とか対処することができました。そして1年後には検定4級にも合格できました。

レッスン以外のイベントや文化講座も活用して、もっと単語数を増やしてスムーズに会話できるようにしたい、検定3級にも挑戦してみたい、そしていつかイタリアでお料理のレッスンを受けてみたい・・・夢はますます膨らんでいきそうです。

(レベル7 中級クラス 森厚子さん 50代 女性 歯科医師)

以前にイタリア在住の友人を訪ねて遊びに行った時、彼女の友達のイタリア人とコミュニケーションがとれず非常に残念な思いをし、それがきっかけでイタリア語を習い始めました。残念ながら英語は全く通じませんでした。。。

初めからネイティブの先生に学ぶことに抵抗感はないのですが、文法や文章の理解が曖昧になるのではないかと多少不安に思っていました。しかし、意外にも文法や文章をイタリア語で理解した方がすぐに使えるイタリア語になるのだと日々実感しています。自分が言いたい事を上手く伝えられないもどかしさはまだまだありますが、レベルが上がるに従って話す内容のレベルも上がっていると考えれば、以前に比べて自分のイタリア語の理解度は確実に上がっていると思います。目標としては、「ビジネスで使えるイタリア語」が理想ですが、あらゆる題材を苦労することなく理解できるようになりたいと思っています。

事務サイドでは、何でも柔軟に対応していただき、相談もしやすく満足しています。先生方は単にイタリア語を教えると言うだけでなく、イタリアの文化・芸術・政治などについてもきちんと教えられる方ばかりで、そういう意味でもイタリア語を続けている一つの理由にもなっています。

( Post-avanzato 上級クラス 小泉久美さん 40代 女性 会社員 )

イタリア人は甘い物好きという理由の一つとして“Perché la vita è amara”(なんでって、人生が苦いからだよ)というイタリア人が書いたコラムのその文章センスに惹かれたのがイタリア語との出会いでした。それをきっかけに、イタリア人の物事に対する考え方・感じ方に興味が沸き、イタリア語を習ってみようと思い立ったのです。

日伊学院のネイティブ講師によるレッスンは、入門から一切日本語を使わないので、最初は聞きなれない音の羅列といった感じで大変でしたが、繰り返し耳にし、口に出していくうちに体にイタリア語が染みていく感じがありました。また、辞書で調べた表現が時には通じないこともあり、状況に合った実際的で生きたイタリア語を体感できる有用な場だとも感じました。このおかげで、イタリアを個人旅行した時に、観光地ではない小さな街を訪れたり、あらゆる交通機関を利用してみたり、現地の人と他愛のない話でコミュニケーションでき、とても楽しく良い思い出となりました。最近の夢は、まだ訪れたことがないイタリアの街を冒険するように旅をすることと、もっとより深くイタリア人について知りたいと思っています。

日伊学院はアットホームな雰囲気があり、何か学習上で悩んでいる時に先生へもスタッフの方へも相談がしやすく、欠席した際の振替レッスンやレッスン後の宿題など、独学ではなかなか難しい継続して学べる環境が嬉しいです。また、様々な分野での文化講座やイタリアに関するイベントの紹介など、学校に行けば常にイタリアにアンテナが向くような状況にあるのも良いところだと思います。

(レベル6中級クラス 桂川志乃さん 30代 女性 企業受付)

思い返せば日伊学院に入学したのはちょうど10年前。イタリア語を始めたきっかけは「イタリアワインのラベルが読めれば」だった。月日の経過と共に、新しいクラスメートとの様々な出会いや別れがあり、そしてこの10年間に色々なイタリア人の先生に教えて頂いた。さすがにイタリアで教授法を学び資格を取って来られた先生ばかりで、他の学校とは比較にならない素晴らしい授業内容で満足している。しかも、どの生徒も忍耐強く、少しも学習の渉らない生徒達にも懇切丁寧に指導して下さる。その期待に応えるべくイタリア語検定や作文コンテストなどにも挑戦しようとする人たちも増えているのは喜ばしいことだ。

事務担当の方も、受講者の個人的な事情までもきめ細やかに心遣いして下さり、本当にありがたい。中でも、特に顕著なことは、生徒みんなが一体となって、まるで家族のような雰囲気で学習していることではなかろうか。年に一度のクリスマスパーティーでは、クラスも異なり、年齢も性別も様々な人たちがあたかも同時に授業を受けている仲間同志のように和やかな雰囲気で和気あいあいと楽しんでいる光景を見ると、この学校を選んだことを誇らしく思う。

(Post-avanzato上級クラス 廣瀬武夫さん 70代 男性 元教師)

PAGE TOP